HOME > BLOG INDEX > かぐれ SHOP BLOG > かぐれ 表参道店 ブログ

  • 2015 30 June

    Director's Report 3 -寺子屋かぐれLife vol.3 前編-

    6月19日に行われた「寺子屋かぐれ Life」、
    稲葉俊郎先生による3ヶ月連続講座の最終回レポート、前編です。

    life


    まずは、今回のテーマに繋がる、前回までに話された内容を簡単に要約しますが、
    人間というのは、一朝一夕に今のような状態になったのではないということ。

    46億年前に地球ができ、海ができて、単細胞生物ができて、
    多細胞化するのに15億年をかけて、ずっと歴史が繋がって、
    今の60兆個の多細胞生物となっています。

    わたしたちが考えたり感じたりしている脳細胞は20〜200億個の細胞でできていて、
    人間のからだの中ではごく少数派です。

    そして、天体の動きや潮汐などの自然とシンクロしている植物性臓器がからだの中心にあり、
    外側に動物性臓器があります。

    動物性臓器のせいで感じにくくなっている植物性臓器の特性は
    深層意識、無意識の中で生きています。

    つまり人間が意識できているものはわずかで、
    その他の数多くの細胞が人のからだの営みを支えているということです。


    そして、今回のテーマは「神話」といのちです。
    神話は、人々が語り継いできたものですが、
    人間の深層意識の表現でありメタファーと言えます。
    人間は古くから、深い体験をした時にそれを神の話として伝えてきたのです。

    神話を読むということは、
    自分の中にあるまだ開けていない引きだしに気づくきっかけになると、稲葉先生は考えています。

    今日中心に取り上げるのは、「古事記」です。
    先生はやまとことばで「ふることふみ」と読みます。

    古事記は、神の話から、神との共生を経て、人間の話になっていきます。
    抽象的な世界から始まって具体的な世界が書かれていくのです。
    その中には、起源神話が豊富にあります。

    人間に近い神様(アマテラスやスサノオなど)のドラマも数多くありますが、
    そこにもわたしたちの深層意識に触れる物語がたくさんあります。
    それらを民俗の物語として長い時間をかけて伝えてきているのです。
    なので、ギリシャ神話やメソポタミア神話なども同様にして読んでいくと面白いそうです。

    古事記で、イザナキとイザナミがつくった、大八島国(オオヤシマクニ:日本のこと)には、
    明治以降に日本となった北海道と沖縄が含まれていませんが、
    北海道にはユーカラ、沖縄には「おもろさうし」といったそれぞれの土地の神話があります。

    古来より語り継がれ、いろんな深層意識を表現している神話から、
    わたしたちは何を学べるのでしょうか。

    life


    ところで、人間の意識構造はレイヤーに分かれています。
    起きているときと寝ている時も違うレイヤーにいますし、
    表面に見えている意識が「エゴ、自我」と呼ばれ、
    もっと深層にあるのが「自己」などです。

    例えば、表層に怒りの感情が表れているとしても、
    それはなにかの象徴であって、本質ではなかったりします。
    感情や個性として現れている表層だけに応酬していると意味がないのです。

    その深層はなにか?
    何のメタファーなのか?
    何を表現したくて今の状況になっているのか?
    と、そこを考えることが必要です。

    表層に現れてくるものは、成長や発展の欲求の結節点であることが多いので、
    どのようになりたくて、その表現になっているのか?
    表面に惑わされずに、深層を探ることが大切です。


    そして、神話も、同じだそうです。
    そう読めば、神話から人間の根源的な体験に触れることができます。
    なぜこの表現になったのかを探りながら、
    表面的な意味と深層の意味のどちらもレイヤーも見ながら読んでいくこと。
    それが神話を読むときのおもしろさだと稲葉先生は続けます。

    古事記の内容に入る前に、もう少し神話の持つ意味について触れますが、
    前編はひとまずここまで。
    中編に続きます。


    かぐれショップディレクター 渡辺敦子

    Posted at 17:39 | link

店名:表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-12 MICO神宮前
TEL:03-5414-5737
営業時間:11:30〜20:00
定休日:不定休


地図はこちら